国民みらい出版    
メッセージ

お知らせ

2016年4月14日に九州熊本地方で発生した地震の被害により亡くなられた方に、謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りいたします。

国民みらい出版

 

もっと手軽に自費出版

正岡子規・夏目漱石生誕150周年記念―至芸の邂逅―

『正岡子規・夏目漱石生誕150周年記念―至芸の邂逅―』開催のお知らせ


 株式会社国民みらい出版(東京都千代田区)が6月29日(木)〜7月2日(日)の日程で、正岡子規・夏目漱石という近現代の文学の礎を築いた二人の巨匠の生誕150周年を記念し、双方にゆかりの深い愛媛県松山市を舞台とした二箇所同時開催形式の展覧会を開催いたします、ぜひ告知のほどよろしくお願い申し上げます。

【会場1】 松山市立子規記念博物館:正岡子規の博物館としては国内最大級である松山市立子規記念博物館は、およそ6万点もの子規関係の収蔵資料を通じて子規の功績を現代に伝えています。
 当会場では正岡子規の俳句、短歌と、子規の生誕から150年を経た現代の作家達による俳句、短歌、川柳、現代詩、書道作品、そして250年もの歴史を持つ愛媛県指定伝統工芸品、桜井漆器の3者によるコラボレーションを展示致します、また子規の叔父で日本近代外交史にその名を残し、松山市長も務めた加藤拓川の業績を紹介する歴史的な資料も特別公開します。

【会場2】 国指定重要文化財・萬翠荘:旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨伯爵が、別邸として建設した萬翠荘は、漱石が松山で教員をしていた時代の下宿の跡地に建造されていることでも有名です。また、久松定謨伯爵は子規をはじめとした松山の優秀な学生に援助をしていた事でも知られています。
 当会場では、子規の子孫である正岡明氏監修の正岡子規関連の企画展示とともに、絵画、書道、工芸、現代詩等の現代アーティストの作品による美術展を行います。

 本展は子規、漱石の偉業と、その生誕から150年を経た2017年の我が国の文学や芸術との『邂逅』をメインテーマに据え、現代に生きるアーティストの作品にもスポットを当てています。
多くのメディア様に取り上げていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

開催概要
『正岡子規・夏目漱石生誕150周年記念 ―至芸の邂逅―』 ★入場無料
■会期    平成29年6月29日(木)〜平成29年7月2日(日)
       9時〜18時  ※最終日は13時まで
■会場    松山市立子規記念博物館  愛媛県松山市道後公園1-30
       国指定重要文化財 萬翠荘 愛媛県松山市一番町3-3-7  
■主催    正岡子規・夏目漱石生誕150周年記念 至芸の邂逅展実行委員会(株式会社 国民みらい出版内)
■企画・運営 株式会社国民みらい出版
■後援    松山市教育委員会/愛媛新聞社/あいテレビ

お問い合わせ先:
企画・運営 株式会社 国民みらい出版 担当:田中・中嶋 
TEL03-3556-3771 FAX03-3556-3804 
mail: jns@japannation.jp
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-1-5 http://www.japannation.jp